<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 10/24ライブ@SONG OF THE EARTH 2010 | main | 台風直撃ですが、山梨へ! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
桜山という土地
盛岡の桜山というところで先日ライブをしてきましたが、
古い街並と、レトロなお店、そして若い人たちが経営する新しくてオシャレなお店が混在する、とても素敵な街でした。

その素敵な街が、いま地域の再開発計画により無くなりかけています。

以前、下北沢でも道路が通る通らないで、
たくさんの人が反対運動をしていましたが、
結局駅前の古いトタン屋根の界隈はなくなってしまうと聞きました。

当時、下北沢の近くに住み、
下北沢で音楽活動をしていたのに
さびしいなあとは思いつつも傍観するだけでした。


私は行政のことは全くの素人なんですが、
このニッポンという国から、古き良きものがどんどんなくなって、
無機質な暖かみのない建物が立ち並ぶようになってしまうのにはとても疑問を感じます。
そして、そんな世界はおもしろくないなあと思います。


以下、「盛岡東大通り商店街HP」より抜粋

私たち桜山界隈の商店街は、今年で63年を迎え、古くから市役所や県庁、沢山のオフィス街で働く皆さんや市民の皆さんの台所として、またお買い物の場として半世紀以上の長きに渡りサービスを提供して参りました。昨今では「もりおかスクエア」事業への参加や、さんさ踊りでの賑わいつくり、「桜山ライブ」の開催、盛岡市が行う「盛岡市フラワーバスケット設置事業」への協力、「ゆかたの町もりおか」協賛イベント「桜山オープンカフェ」、「雪見カフェ」などを開催し中心市街地活性化事業推進の役割の一端を担っていると自負しております。

この地域はここ数年、若者の事業者に大変人気があり、彼らが夢や希望をかなえたユニークな店が増えております。長引く不況のなかで、昔ながらの地元の店と、新しい店が協力し、全国でもめずらしい活気あふれる新しい中心商店街の姿を作ってきました。旅行会社や観光客からの問い合わせも多数有り盛岡市にとっても観光資源として有効な地域となっております。

そんな中で盛岡市は突然、地元住民、市民には一言の相談も無く、今から54年前に決められた都市計画を基に私たちの愛すべき桜山界隈の商店街をすべて取り壊し公園緑地にするという前提で「勘定所」風観光案内所を建築し、一帯に土塁・門・堀などを整備する計画案を発表いたしました。

私たちは、この発表を目の当たりにして、この地域を心から愛しそして生きてきた活力や意欲を土足で頭から踏み潰されたという思いでいっぱいです。このような地元の住民、市民をまったく無視した封建時代のような進め方が現代にあってはならないと考えます。

私たちはこの計画に断固反対し、この事を広く全国に発信すると共に、愛する桜山界隈商店街を守るために以下の事項を請願いたします。


●盛岡市策定の「桜山神社参道地区の将来像について」および「勘定所・土塁・門・堀」計画案を白紙撤回すること

●桜山参道地区を公園緑地化することをやめ、都市計画を現状に即した商業地域指定に変更すること


下記ホームページから署名ができるようになっているそうです。
私も自分のライブに用紙をもっていこうと思ってますので、興味のある方は声をかけてくださいね!


盛岡の桜山を愛するみなさん、応援しています。
東京より愛を込めて。
活動 | comments(0) | -
スポンサーサイト
- | - | -
コメント
コメントする